[Mac][アプリ]あっという間にMacのアプリアイコンを取得する一つの方法


スポンサーリンク

名称未設定

はじめに

ほぼ毎日ブログを書いている@fwhx5296ことShigeです。

Macのアプリケーションを紹介するときに、なくてはならないアイコン画像を簡単に取得する方法

iPhone、iPad、Macのアプリアイコンをゲットするのに大変重宝していた神アプリ「ImageKit」のエントリーがこちら。

参考:[iPhone][アプリ]ブロガー必須のアプリアイコンDLに一括トリミング・画像合成ができるアプリが登場 | ツインズパパの徒然日記 Ver.2

我々ブロガーにとって神アプリだった「ImageKit」の公開が取り消しになって、アップデートされなくなりました。
私のiPhoneだけかもしれませんが、たまにMacのアプリが検索でヒットしない状況が発生します。
10月14日以降は公開されていないアプリとなりますので、何かしら不具合が発生しても、自己責任という形になります。

「ImageKit」公開中のスクショと、現在のスクショを並べてみました。デバイスを選択できなくなっています。
SlooProImg 20130525120155 IMG 0333 2

そこで、Macのアプリアイコンの取得方法についてご紹介したいと思います。
自前のアイコンであれば、大きさの違う数種類のアイコンを簡単に取得できますのでスクショ交えて説明したいと思います。

▼Finderを開いて「アプリケーション」から「App Store.app」を選択します。
スクリーンショット 2013 11 30 10 02 55 PM 2

▼「App Store.app」を右クリックして、「情報を見る」をクリックします。
スクリーンショット 2013 11 30 10 03 51 PM 2

▼左上にあるアイコンをクリックします。
スクリーンショット 2013 11 30 10 04 04 PM 2

▼クリックすると選択状態になってアイコン周囲が光ります。
スクリーンショット 2013 11 30 10 04 09 PM 2

▼ここでMac標準アプリである「プレビュー」を起動します。
プレビュー 2

▼「プレビュー」を起動した状態でショートカットである「コマンド⌘」+「N」キーを押下し、起動するとアイコンが表示されます。
スクリーンショット 2013 11 30 10 06 20 PM

▼左サイドバーには10個の大きさの違うアイコンが表示されています。
スクリーンショット 2013 11 30 10 06 40 PM 2

▼私は4番目のアイコンを選択しました。「コマンド⌘」+「S」を押下すると、保存可能です。
スクリーンショット 2013 11 30 10 07 22 PM

▼保存フォーマットは透過画像になる「PNG」を選択して、名前を付けて保存します。
スクリーンショット 2013 11 30 10 07 46 PM

▼保存したものがこちら。
AppStore

 

おわりに

アイコンの取得する理由としてはブログのアイキャッチ画像として用いたり、エントリーで画像として利用したりします。
なので簡単に早く取得できる方法はいくらあっても困りません。

自分がインストールしているアプリに限られますが、簡単にアイコンを画像化できますのでオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top