スポンサーリンク

これは便利!スクリーンセーバでTwitterをチェックする!


スポンサーリンク

f:id:mrss25:20111129235022j:image

f:id:mrss25:20111121010052p:image:left

◆はじめに

 ツイッタークライアントによって多種多様なサービスや表示方法があります。私はツイッターを始めて数はすくないですがいろんな方法を試してみました。その中でこれはいい!と思った便利機能をみなさんにご紹介致します。

 Macを使っている方に限定されるのですが、「OS X」にはWebサイトのRSSをスクリーンセーバとして表示できる機能があります。これを利用して、Twitterの投稿をチェックすることが可能となります。特定のユーザーを指定するほか、キーワードで検索したツイートを表示することもできます。

f:id:mrss25:20111121010052p:image:left

◆では早速やってみましょう

 まずはデスクトップを表示してください。

 デスクトップ上で「Ctrl+クリック」(あるいはトラックパッド上で指2本でタップ)

「デスクトップのバックグラウンドを変更…」をクリックします。

f:id:mrss25:20111130001418j:image:w360

「デスクトップとスクリーンセーバ」パネルが開きますので

「スクリーンセーバ」タブを選択後、「RSS Visualizer」→「オプション」をクリックします。

f:id:mrss25:20111130001449j:image:w360

「配信URL」を入力します。

特定のユーザのツイートを表示したい場合は

 【 http://twitter.com/statuses/user_timeline/(アカウント).rss 】

キーワードで検索したツイートを表示したい場合は

 【 http://search.twitter.com/search.atom?q=(キーワード) 】

と入力してください。

※コピペして使用してください。

f:id:mrss25:20111130001529j:image:w360

入力できましたら「完了」ボタンをクリックします。

試しに「テスト」をクリックするとどういうふうに表示されるか確認できます。

f:id:mrss25:20111121010052p:image:left

◆スクリーンセーバとして表示される

 指定したURLからツイートが取得されスクリーンセーバとして表示されます。末尾の「全文を読むには”数字”キーを押してください。」に表示されている数字のキーを押すとSafariでTwitterの該当ページを閲覧できます。

ちなみに下2枚はアカウントを私の(fwhx5296)として表示させたものです。

f:id:mrss25:20111130001640j:image:w360

f:id:mrss25:20111130001702j:image:w360

下2枚はキーワードを「iPhone」にして表示させたものです。

f:id:mrss25:20111130001730j:image:w360

f:id:mrss25:20111130001751j:image:w360

いかがでしょうか。こういう遊び心にも決して手を抜かず、われわれユーザを楽しませてくれるAppleが大好きです♩

.

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で
コメント0件1968

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top