スポンサーリンク

[ScanSnap]スキャナーの定番「ScanSnap」に新機種「ScanSnap iX1500」が発表されたので早速注文したよ


スポンサーリンク

ScanSnap iX1500
スクリーンショット 2017 10 21 9 45 16

昨日のこと、ふとメールの受信箱を見ると気になるメールを見つけた@fwhx5296ことShigeです。
そのメールの送信者は、株式会社PFUのPFUダイレクトさん。
PFUといえばスキャナーで有名であります。
御多分に洩れず、私も「FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500」を愛用しております。
さらに、モバイル用やレシートなど、パソコンを起動して取り込む程でもないちょっとしたときに使えるよう「富士通 スキャナー ScanSnap FI-IX100A」を持ち合わせております。

冒頭にご紹介したメールの内容は、フラッグシップモデルである「ScanSnap iX500」後継機である「富士通 PFU ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1500 (両面読取/ADF/4.3インチタッチパネル/Wi-Fi対応)
」の発表ということでした。

具体的にどんな進化があってどんな機能が付いている製品なのか百聞は一見にしかず。
動画をどうぞ。



スキャナーの定番「ScanSnap」に新機種「ScanSnap iX1500」が発表されたので早速注文したよ

私が、現在愛用している「ScanSnap iX500」を購入したのは、2013年4月6日。今から5年前です。

購入当初は故障も多かったので2〜3回修理に出したことがありました。
その後は大きなトラブルなく現在までほぼ毎日5年間元気に働き続けてくれています。

その理由は、私の日頃のメンテナンスも理由の一つかと自負しております。
メンテナンスは、ScanSnap 専用のメンテナンスキットである「FUJITSU ScanAid(iX500用) FI-X50SA」が発売されています。
これがなかなか効果的です。

そんな、「ScanSnap iX500」ですが、今でも大活躍ですが、紙を取り込むときにたまに異音がしています。
そろそろ寿命かなぁと思うこともあり、一念発起で新機種である、「富士通 PFU ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1500 (両面読取/ADF/4.3インチタッチパネル/Wi-Fi対応)」をネット注文しました。

注文確認メールが来て、予定では10月12日(金)に届く予定です。
楽しみ♪

おわりに

今回の購入に踏み切った理由は以下です。

  1. A3用紙も専用のクリアファイルに折り込むことなく、「手差しスキャン」で、2つ折りの原稿もそのままスキャン
  2. 毎分30枚・60面の高速読み取り(カラー 300dpi読み取り時)(前回は毎分25枚でした。)
  3. 4.3インチのタッチパネルを搭載(取り込みユーザー設定可能)

やはり、毎日使うもの、かつ必需品はいいものを安心、安定して使っていきたいですからね。

以下に、専用動画があります。

ScanSnap Home  機能紹介編

ちなみに、ScanSnap買い替え応援プログラム

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサーリンク

Return Top