建設業界の更なるIT化を予感させるメジャーなアプリがまた一つ産声をあげた!


スポンサーリンク

DSC_0313
DSC_0313 / _temaki_

はじめに

今回の東日本大震災に復旧復興になくてはならない業種の一つに建設業があげられます。

その建設業は危険・汚い・格好悪い・・・給料が安い・休日がない・・・・等々で3Kとも5Kとも言われて久しい業界ですが、IT化が進む現代においてはもうそんなことはあてはまりません。

近い将来、技術の粋を結集した最先端技術業界と言わしめる前兆がそこらかしこに胎動し始めております。

今までの建設業界は、くちゃくちゃになりすり切れて字も読めないような青焼き図面を小脇に抱え、大きめの胸ポケットにはこれでもかってくらいに野帳や電卓・マジック・チョークに黒板消しを詰め込み、収まりきれない小道具たちのコンベックス(ハンディー巻き尺)、スプレーは作業パンツのポケットに入れて現場を走り廻っていました。しゃがんだ際に何かの拍子でスプレーを押してしまい、パンツが真っ赤になったことも多々ありましたw

(多少の誇張表現がありますことをご了承願えたらと思います)

建設業界に新風を吹き込んだIT化

その可能性を秘めた今までのエントリーをご紹介致します。

建設業界にもIT化が進む!iPhone片手にこれからの土木技術者を目指す方へ!それ以外の方にも! – ツインズパパの徒然日記

「タブレットが万年低生産性の建設業を変える」を読んで – ツインズパパの徒然日記

上記エントリーで述べた内容は下表を参考にしてください。

現状 IT化 利点 備考
重機運転手 遠隔操作・無人 被災地工事
重機運転手 GPS・無人 GPS利用で熟練オペレーター不要
図面をコピーして現場に DDのみ コピーし忘れがない
図面では細部が見えづらい 拡大可能 ピンチイン・アウト
銀塩カメラ デジカメ 即確認可能・フィルム不要
測量機器 GPS タイムリーに確認可能 誤差勘案
野帳 DD 入力即出力 鉛筆・電卓不要

※DD…デジタルデバイス(スマートフォンやタブレットコンピューター等)

やはりIT化の要はデジタルデバイス(以下DDとする)であるスマートフォンやタブレット端末が現場でどの程度威力を発揮するかでしょう。

今のDDはGPSや3Gを搭載していますので、リアルタイムに位置情報が計測できたり、どこでもいつでも通信も可能なので電波の届く範囲であれば都会地方関係なく効率が図れる可能性はあります。

そのデジタルデバイスで最も愛用しているのが、iPhone。

秀逸なアプリが数多くあり日頃の生活に欠かせないアイテムの一つですが、今回とんでもなく便利なアプリが登場しました。

その名は移動メジャー

開発者である@SlideCalcLさんのページです。

IwasakiのiPhoneアプリ開発日記

有名ブロガーさんがひしめく福岡県の在住だそうです。自称計測マニアなIwasakiさん。

iPhoneアプリの開発を土日や深夜にされており、いままでリリースしたアプリは9つもあるそうです。

どれも直感的でスピーディーに使えるツールです。

(どんなアプリを開発されているかは後ほど抜粋でご紹介したいと思います)

@SlideCalcLさんとはTwitterで知り合いになり、計測マニアである@SlideCalcLさんに土建業に携わるものとしてあーでもないこーでもないと話をさせてもらった中で「iPhoneを使って簡単に距離を測ることができたらいいな~」とつぶやいたところ「やってみます!」とのご英断!すばらしい!その瞬間鳥肌が立ちました!

その後、そんなに時間が経過せずにプロトタイプを見せてくださり、身勝手にも何点か注文をさせていただいたりして、めでたく完成したのが今回のメジャーなアプリ移動メジャーです。

移動メジャー 1.0(無料)

カテゴリ: 仕事効率化, 教育
現在の価格: 無料(サイズ: 0.2 MB)
販売元: Masayuki Iwasaki – Masayuki Iwasaki
リリース日: 2012/03/21

App

現在のバージョンの評価: 無し(und,efi,ned件の評価)
全てのバージョンの評価: 無し(und,efi,ned件の評価)

ss1 ss2

この「移動メジャー」。

何がすごいって、いつも手元にあるiPhoneを滑らせるだけで部材の寸法や勾配が一瞬で分かってしまうというもの。

アプリ開発者である、@SlideCalcLさん曰く「面白おおざっぱ測定シリーズ」と言われてますが、何の何の少しのコツを掴めば、2cm程度の誤差で移動距離を表示してくれます。

開発者さんのご好意で現時点無料なので興味のある方は是非ダウンロードして試してみられたらと思います。

実測してみた

 ◆測定方法◆

 ●iPhoneのホームボタン側の端を、測定開始点に合わせて[Ready?]ボタンをタップします。

 →画面がピンク色に変わり、測定スタンバイを示します。

 ●ホームボタン側に向かってまっすぐ移動を開始してください。

 →画面が赤に変わり、測定中を示します。

 ●測定終了点に置いたクッションかもう片方の手の平にiPhoneを軽くぶつけると測定終了です。

 →画面が青に戻り、緑枠の最上段に測定結果が加わります。

 →直近6回の測定時刻、角度、移動距離が表示されます。

では私が実際に測定したものを載せてみたいと思います。

コピー用紙に30cm定規を記載し、その上を滑らせてみました。動画で載せようとiPhoneに紐を繋ぎ自由落下で滑らせて移動距離を測定しようと頑張ったのですが、いかんせん一人ではなかなかうまくいかず結局写真になってしまいました。すみません。

▽まずはゼロ点とiPhoneの端をあわせます。

no1-1-1

▽計測中は画面が赤色に変化します。

no2-1-1

▽計測結果です。

no7

ここでは画面右にある縦の列「Distance」を見てください。ほぼ30cmです。

GPSも使わずiPhoneを滑らせて手のひらで止めるだけで測距できるとは!素晴らしい!!

 ◆おまけ機能◆

このおまけ機能が秀逸で、リアルタイムの勾配が表示されますので、土木でいえば法面丁張りをかけるときにとても重宝します。

▽1:1.8(約29度)勾配の場合

no8-1-2

▽1:1.0(45度)勾配の場合

山を切土するときにはこのような形に丁張りをかけて重機オペレーターに知らしめます。

tyouhari-1

▽上のように当てたiPhoneが下図のように1:1.0付近を示せば、問題なく山を切ることができます。

no9-1-1

◆ご注意◆

iPhoneは精密機械ですので破損や怪我をされないよう、全て自己責任でお願い致します。

さいごに

iPhoneアプリに対する野望は耐えることなくわき上がり、開発者さん達のたゆまぬ努力により現実になる。個人レベルでこんなことまでさせてもらえる、iPhoneはとてもすばらしいデジタルデバイス!もうたまらんですね!

本当に感謝です。関係者のみなさんに心からありがとうと言いたいです。

開発者さんのその他のアプリ(抜粋)

落下距離計 1.0(¥85)App
カテゴリ: 仕事効率化, 教育
販売元: Masayuki Iwasaki – Masayuki Iwasaki(サイズ: 0.2 MB)
全てのバージョンの評価: (1件の評価)

ジャンプ測定 1.1(無料)App
カテゴリ: スポーツ, ヘルスケア/フィットネス
販売元: Masayuki Iwasaki – Masayuki Iwasaki(サイズ: 0.2 MB)
全てのバージョンの評価: (5件の評価)

精密タイマー 1.0.2(¥170)App
カテゴリ: 仕事効率化, スポーツ
販売元: Masayuki Iwasaki – Masayuki Iwasaki(サイズ: 1.4 MB)
全てのバージョンの評価: (9件の評価)

ボケ予測Pro 1.0(¥250)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
販売元: Masayuki Iwasaki – Masayuki Iwasaki(サイズ: 1.2 MB)
全てのバージョンの評価: (4件の評価)

アクティブ電卓 1.2(¥170)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Masayuki Iwasaki – Masayuki Iwasaki(サイズ: 1.1 MB)
全てのバージョンの評価: (9件の評価)

.

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top