スポンサーリンク

iPhoneの便利機能であるスポットライト検索を見直してみたらかなり快適になった


スポンサーリンク

ライト
ライト / iyoupapa

はじめに

iPhoneを使用していて、たまに間違えてホームボタンを続けて押してしまったり、スワイプしすぎると出てくる、スポットライト検索。これってみなさん使用頻度高いですか?私は以前までは放置プレイでした。

f:id:mrss25:20120305231355p:image

しかし「OZPAの表4」の中の人ハセガワ オツパさん(@OZPA)が書かれている記事を読んでから考え方が変わりました。

参考:iPhoneユーザなら使わな損するSpotlightのとある機能 | OZPAの表4

この記事を読んでからは積極的にスポットライト検索を利用し、軽快なフットワークならぬフィンガーワークでiPhoneを利用してスポットライト検索を行ってます。

スポットライト検索

スポットライト検索ってホント便利ですよね!

連絡先からアプリ、カレンダー、Web、Wikipediaの検索まで。なんでもござれのオールマイティー検索!検索項目の選択や順番も設定可能です。

しかし最初のうちは便利と感じていたスポットライト検索も、徐々に不便さが増してきたのです。なぜなら自分にとって一番使用頻度の高い「Webを検索」「Wikipediaで検索」は順番入れ替えや検索対象の有無に含まれず、常に最下段に位置していたのです。

▽ちなみに「iPhone」を検索対象にしてみましょう。

f:id:mrss25:20120305232741p:image f:id:mrss25:20120305231638j:image

上のスクショは「iPhone」でスポットライト検索をした結果です。なんと検索ヒット数が多いこと!右のスライダーをみてもらうとわかるように、「Web」検索までたどりつくのに、スワイプーー!スワイプーー!しなければなりません。

検索対象重点項目はなに?

検索対象重点項目はなに?と自問自答してみると、ほとんど「Web検索」です。

▽「設定」→「一般」→「Spotlight検索」をタップして、チェックを全部外して、検索対象項目を「Webを検索」「Wikipediaを検索」のふたつのみにしました。

f:id:mrss25:20120305231948j:image f:id:mrss25:20120305232010j:image

▽するとどうでしょう、山ほどあった「iPhone」の検索結果が「Web」と「Wikipedia」だけです。

f:id:mrss25:20120305232142p:image

これで、ホームボタン二度押し。あるいはホーム画面を右にスワイプという少ない操作で、Web検索が可能となりました。今日からビシバシWeb検索するぞ!

.

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で
コメント0件3912

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top