スポンサーリンク

[iPhone]新しく発売された「iPhone XS Smart Battery Case」が必要かどうか現状の生活スタイルから考えてみたよ


スポンサーリンク

iPhone XS Smart Battery Case
スクリーンショット 2017 10 21 9 45 16

iPhoneがいつもそばにあるので、毎日快適な生活を送っている@fwhx5296ことShigeです。

1月16日、AppleからiPhone XS 用の「Smart Battery Case」が発売されました。
私のiPhoneは、「iPhone X」ですから完全にフィットはしません。
が、ネット上で確認すると、最新のiOSであれば充電可能と確認しましたし、外観はわずかなズレは生じますが入らないことはないという情報を得ました。

もしかして、こちらよりはましかもですね。
特にカメラ回りのズレは半端ありませんでしたからw



新しく発売された「iPhone XS Smart Battery Case」が必要かどうか現状の生活スタイルから考えてみたよ

iPhone XS Smart Battery Case

Smart Battery Caseは、Qi規格の充電器に対応しています。
iPhoneとSmart Battery Caseを同時に充電すれば、通話は最大33時間、インターネット利用は最大21時間に延長されます。
オーディオとビデオも一段と長く楽しめます*。
Smart Battery Caseを装着すると、バッテリーの状態を示すインテリジェントな表示がiPhoneのロック画面上と通知センターに現れるので、バッテリー残量が正確にわかります。

購入して1年以上経過した愛機 iPhone X ですが、毎日快適に動いてくれて不満はまったくありません。
新機種 iPhone XS との違いも外観ではほぼわかりませんので、その辺りも不満が増幅しない要因かもしれません。

ネット上ですが、「iPhone XS Smart Battery Case」は一応問題なく充電可能という情報を得ました。
なので、現状の自分に必要かどうか考えてみました。

平日に急遽充電が必要になることがあるかどうか。
私の仕事は、屋内が中心なので、これに関しては問題ありません。
仕事中は、充電可能ですし朝から晩遅く充電がなくなるまで屋外ということもほぼありません。

では、遊びに行った際はどうか。
遊びに行くときは車が中心なのでカーチャージャーから充電できますし、モバイルバッテリーを携行しても車に積んでおけば荷物になりません。

ランニングやウォーキングなどで外出するときは、身軽な格好で出かけるため「iPhone XS Smart Battery Case」は装着しませんし、運動する時間はiPhone自体のバッテリーで十分間に合います。

などなど。

上記、多様なシチュエーションを考えてみましたが、今の私の生活スタイルであれば、特段必要になる状況にはないという結論に達しました。
また、14,800円(税別)と、決して安くない値段なので慎重にならざるを得ません。
さらに、今年、発表されるであろう新型iPhoneは購入する予定なので、あと1年弱、今の iPhone X を愛用し続けようと思っています。

おわりに

Appleのページで iPhone XSの性能は、ビフォア&アフターで以下のように紹介されています。
連続通話時間(ワイヤレス):最大20時間 ⇒ 最大33時間(約1.65倍)
インターネット利用 :最大12時間 ⇒ 最大21時間(約1.75倍)
ビデオ再生(ワイヤレス):最大14時間 ⇒ 最大25時間(約1.79倍)
ただし、留意点が該当ページにありますので気になる方は確認ください。

iPhoneに限らず、スマホユーザーはモバイルバッテリーを携行しない方のほうが少ないかもしれません。
また、コンビニでも乾電池式の充電器もありますから万が一のときでも応急処置は可能です。
「iPhone XS Smart Battery Case」を装着することにより重量増になるのは仕方ないですが、長時間スマホを使える安心感はあります。
ということで、私はスルーで。

Apple - iPhone XS Smart Battery Case

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサーリンク

Return Top