スポンサーリンク

「おやすみモード」で快適な夜の生活を送ることができる件


スポンサーリンク

f:id:mrss25:20121010232037j:image

photo credit: ArloMagicMan via photopin cc

はじめに

ここ最近、仕事を終えて帰宅すると、娯楽の時間はほとんどテレビを見ずにブログに時間を費やすことが多くなっている@fwhx5296ことシゲちゃんです。

この生活スタイルが苦になるか?!といえば、自分ではそんなに実感がないのです。

下手なりにでもブログを書くと、いつもお世話になっているブロガーさんやブログを読んでくださっている読者さんからの反応があるので、その嬉しさのほうが勝っているのかなと思っています。

気が散って捗らない

テレビを消して、ブログ時間に充てていると言っても、以前はブログを書いていると通知音がなり、ついついそちらが気になって見てしまうという状態でした。要は気が散って捗らないのです。

私の集中力の欠如が原因といえばそれまでですが、こんな私だからこそ少しでも誘惑を低減することを考えなければいけないと思ったのです。

その結論として、ブログを書く時間帯を決めてその時間帯はiPhoneからの通知を表示・警鳴させないという方法をとってみました。

おやすみモードの活用

iOS 6の新機能として、「おやすみモード」があります。

「おやすみモード」は簡単にいうと、設定した時間帯において設定項目に準じて音や表示をさせないという機能です。(ざっくり過ぎ?!ww)

「おやすみモード」の設定方法です。

▽「設定」>「おやすみモード」をオン。これだけです。

f:id:mrss25:20121010231427p:image

▽詳細設定は「設定」>「通知」>「おやすみモード」で指定できます。

f:id:mrss25:20121010231444p:image

▽時間指定する場合。ここでは22:00~7:00に設定。

f:id:mrss25:20121010231637p:image

▽「着信を許可」について「すべての人」、「誰も許可しない」、「よく使う項目」の中から選択できます。

f:id:mrss25:20121010231754p:image

▽ちなみに「よく使う項目」とは「連絡先」を開くと、個別情報の右下にあります。ここから設定できます。

f:id:mrss25:20121010231812p:image

おやすみモードでブログ作業も捗る

「おやすみモード」にしていると、たとえ手元でも、目に入るところでも、条件に合致しない方からの通知は全てiPhoneのほうがシャットアウトしてくれるので、ブログエントリー作業もかなり捗ります。

といってもまだまだ一つのエントリーをするのに1時間は必ず超過しますが(^_^;

ブログを投稿してしまえば、またiPhoneを弄ることができるので、「おやすみモード」はオフにします。

ならば「電源をきれば」を切ったほうが手っ取り早くていいのでは?と言われそうですが、私の場合は重要な方からの電話やメールは受け取りたいので、そのような設定にしております。

といいながら、今日も1時間超過(^_^;

.

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で
コメント0件2112

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top