ウィンドウズの[Delete]キー機能をMacでも使ってみる


スポンサーリンク

f:id:mrss25:20111215232237j:image

以前の記事で書きました

Mac初心者がとりあえず知っておくべき12の基本事項

12の基本事項のうち、5番目に書いた記事で「文字の消去について」

f:id:mrss25:20111129235117p:image:leftWindowsの文字消去は[delete]と[BS(Back Space)]の二つのキーがありますが、MacBook Airは[delete]一つしかありません。このボタンを押すとその文字の後ろを消去するのではなく、その文字の前の文字を消す機能です。いわゆるWindowsでいう[BS(Back Space)]キーと同様の機能となります。

 今日、たまたまとある本をみていると、Macにウインドウズの[Delete]キー(入力位置から右側の文字を消す)の機能を持たせることができる記事が書いてありましたので、シェアしたいと思います。

 内容は超簡単。

 通常の[Delete]キーと一緒に【fn】キーを押下すれば、ウインドウズでいう[Delete]キーの機能を付与することができます。

 これで、入力速度が多少早くなるかも?!

.

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] 参考にこちらもどうぞ ウィンドウズの[Delete]キー機能をMacでも使ってみる | ツインズパパの徒然日記 Ver.2 […]

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top