プライベート用・仕事用通信料について


スポンサーリンク

f:id:mrss25:20111017213544j:image:w360

最近は携帯電話を持っていない人を探すほうが

難しいくらい、携帯電話が普及しています。

1人で2~3台持っている人も少なくありません。

当然仕事でも携帯電話を持っていれば、

連絡を取りたいときにすぐ取れますので便利です。

逆にかかってくるほうは迷惑なこともありますが・・・w。

会社が業務用携帯を配布してくれればいいのですが、

そういう会社はそう多くないと聞きます。

(私の周りだけかな?w)

ここで問題になってくるのが、個人所有の

携帯電話を業務上で使用する際の通信料です。

みなさん自腹で払っている人のほうが多いのでは?

出先で電話をかけたいときにわざわざ貴社するのは

時間の無駄でもありますしナンセンスです。

タイム・イズ・マネー!

と自分に言い聞かせ、マイ携帯で連絡していました。

f:id:mrss25:20111017213620j:image:w360

そんなときに「用途別集計(分計)サービス(docomo)」

を知りました。

ちなみにauでの呼び方は「通話明細分計サービス」です。

ソフトバンクは、自分なりに調べてみましたが

見つかりませんでした。

プライベートでかけた通信料まで面倒みてくれる

会社は滅多にないと思います。

多くの会社は業務使用通信料のみ請求できるので

この方法が有効になってきます。

この分計サービスの手続きが完了すると、

業務とプライベートの通信料を自動的に

分類してくれますので、会社への請求も

負担なく行うことができます。

要は、ダイヤル先をグループ分けして請求書や

通話明細にまとめてくれるというサービスです。

月額使用料(NTTdocomoが105円、auが210円)は

かかってしまうのですが、何十件~何百件も手作業で

仕分けすることを考えると個人的にはかなり割安だと思います。

参考に電話番号設定方法を記載すると

【docomo】

 通常の「0*0-****-****」

 と「131○-0*0-****-****」

 

 ○内には1~3の数字で分けられるので、4通り。

【au】

 通常の「0*0-****-****」

 と「131-0*0-****-****」の2通り。

以前の情報なので内容が変更になっている可能性があります。

情報提供ということで手続きや詳細に関しては

各個人で確認願います。

NTTdocomo問い合わせ先

  ドコモの携帯電話から 局番なしの「151」

  一般電話などからの場合 「0120-800-000」

au問い合わせ先

  通話明細分計サービス

  au電話での問い合わせ

  0077-777(無料)もしくは0120-22-0077

.

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top