萩往還を歩く(ウォーキング) 1/8


スポンサーリンク

今年の5月に開催された山口市内から萩までを歩くイベントに、

ツインズと出てきました。

やっと内容をまとめましたので、8分割にして掲載しようと思います。

時間があったら読んでいってくださいね。

第1話

~準備万端!~

萩往還は、山口県萩市と防府市とをほぼ直線に結ぶ

全長約53キロメートルの江戸時代に整備された街道です。

f:id:mrss25:20110814175807g:image:small

歴史上の有名なところでは坂本龍馬、桂小五郎(後の木戸孝允)、

松下村塾主宰者吉田松陰とその門下生である高杉晋作等々、

歴史に名を刻んだ志士たちが往来し、歴史が好きな人には

鳥肌が立ちそうな街道です。

そんな風光明媚で起伏に富み、歴史や季節を全身に浴びることが出来る

萩往還を歩くイベントに双子と一緒に参加してきました。

私は二度目で双子にとっては初めての参加です。

私たち3人が歩いたのは萩往還全長53kmではなく、国宝瑠璃光寺五重塔で

有名な香山公園がスタート地点で、ゴールの萩までの距離が約35kmの

コースです。

f:id:mrss25:20110417110639j:image:small

事前に体を鍛えておかないと・・・と思い、

萩往還で歩くイベントの1ヶ月くらい前から毎週土日に双子と一緒に

10kmくらい歩き足腰を鍛え大会に備えていました。

また当日の靴は日頃から履き慣れたものを選ばないと

足のトラブルの原因となるため、早めにウォーキングに適した

ウォーキングシューズを卸し、馴らし歩行(ウォーキング)もしてきました。

まだ続きます・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で
コメント0件1395

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top