スポンサーリンク

[iPhone]「シリコンスマートフォン車載ホルダー」をダッシュボードに載せて車を運転してみたよ


スポンサーリンク

EReachシリコンスマートフォン・携帯車載GPSホルダー ダッシュボード iPhone&Android スタンド (黒)-5

はじめに

昨日購入した、EReachシリコンスマートフォン・携帯車載GPSホルダー ダッシュボード iPhone&Android スタンド (黒)を早速、車に乗せて試してみた@fwhx5296ことShigeです。

使ってみた感じは、かなり良い感じです。
その理由を、写真を添えて述べたいと思います。

「シリコンスマートフォン車載ホルダー」をダッシュボードに載せて車を運転してみたよ

本日、出勤時および外出時にiPhoneを設置しダッシュボードに載せて実際に走ってみました。
ただし、走行中はスマホを触ることはできませんし、ましてや写真は撮影できません。
ということで、停車時での写真ということでお許し頂ければと思います。

▼まず最初は、運転席真っ正面です。若干横断方向に湾曲していますが、柔軟性抜群のシリコンですからまったく問題ありません。
EReachシリコンスマートフォン・携帯車載GPSホルダー ダッシュボード iPhone&Android スタンド (黒)-1

▼横から見てみましょう。ダッシュボード自体、若干前方に傾斜が付いていますが、問題なく設置できました。また視認性も抜群です。ただし、私の車の場合、インパネが高いため、若干外部の視界が遮られます。
EReachシリコンスマートフォン・携帯車載GPSホルダー ダッシュボード iPhone&Android スタンド (黒)-2

▼視界が遮られるため右端のほうにずらしてみました。かなり不安定に見えますが、ズレ落ちることなく写真のままの姿勢を維持していました。
EReachシリコンスマートフォン・携帯車載GPSホルダー ダッシュボード iPhone&Android スタンド (黒)-3

▼私の車はダッシュボード中央部にエアコンの吹き出し口があります。また、段差もあります。しかし、設置場所としてはここがベストです。実際に置いてみましょう。
EReachシリコンスマートフォン・携帯車載GPSホルダー ダッシュボード iPhone&Android スタンド (黒)-4

▼走行中の操作はもちろんできませんが、運転中の視界やナビの視認性はとてもよかったです。
EReachシリコンスマートフォン・携帯車載GPSホルダー ダッシュボード iPhone&Android スタンド (黒)-5

▼真横から見てみましょう。段差あり、傾斜あり、エアコン吹き出し口ありとスマホホルダーを設置するにはかなり不利な環境ですが、このシリコンマットは「サッと」置くだけで安定します。
EReachシリコンスマートフォン・携帯車載GPSホルダー ダッシュボード iPhone&Android スタンド (黒)-6

▼助手席前のダッシュボードに置いてみましょう。ここは車内に向けてかなりの傾斜が付いています。走ってるとき、とくに加速時の安定性を懸念しておりましたが、その心配も杞憂に終わりました。安定してます。
EReachシリコンスマートフォン・携帯車載GPSホルダー ダッシュボード iPhone&Android スタンド (黒)-7

▼アップでみてみましょう。ダッシュボードの湾曲にそってピッタリとシリコンマットが密着しています。
EReachシリコンスマートフォン・携帯車載GPSホルダー ダッシュボード iPhone&Android スタンド (黒)-8

▼横からの眺めです。これで加速してもズレ落ちることはありませんでした。ただ、私の車の場合なので、加速の程度やダッシュボードの表面の品質などで、安定性が欠ける場合があるかもしれません。
EReachシリコンスマートフォン・携帯車載GPSホルダー ダッシュボード iPhone&Android スタンド (黒)-9

▼製品自体の横からの形状です。このような感じです。
EReachシリコンスマートフォン・携帯車載GPSホルダー ダッシュボード iPhone&Android スタンド (黒)-10

おわりに

私の一番のお気に入りポイント。
それは、どこに置いても安心して大事なiPhoneを設置できること。
事前に、急発進や急停車なども試してみましたが、私の場合はホールドした状態を維持していました。
置き場所もそのときの気分で変えられますし、邪魔になれば撤去すればいいです。
お気に入りアクセサリーの仲間入り〜♪
オススメです。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top