スポンサーリンク

[PayPal]ネットサービスで支払い決済しているPayPalの解約方法がわかりづらかった件


スポンサーリンク

PayPal

はじめに

ネットショッピングやネットサービスを利用していると必然的にクレジット決済やPayPal決済が増えてきます。
@fwhx5296ことShigeです。
 
ご存じの方も多いと思いますが、PayPalとはアメリカが本部の商品取引の決済サービス企業です。
セミナーや講習会、オフ会等の決済にも使われますので、PayPalにアカウントを持っていると何かと便利です。
私もアカウントを持っています。
 
今回のエントリーは、とあるネットサービスを解約するに伴い、PayPalの更新支払いをキャンセルしなければならなくなったのですが、PayPal更新支払いのキャンセル方法がとてもわかりづらかったって話です。
キャンセル方法について備忘録を兼ねてご紹介したいと思います。

ネットサービスで支払い決済しているPayPalの解約方法がわかりづらかった件

PayPalはこちらです。

 
▼ログインしてトップから解約したい項目を選択します。
PayPal-1

 
▼「・・・の支払いの管理」をクリックします。
PayPal-2

 
▼見えづらいため、少しアップにしてみます。
PayPal-3

 
▼左上にある「キャンセル」をクリックします。
PayPal-4

 
▼ちなみに、今まで累計で18,050円支払っていました。年間にすれば大したお金ではありませんが、塵も積もれば山となるですね。
PayPal-5

 
▼プロファイルをキャンセル(解約)すると再度使用することはできません。
PayPal-6

 
▼解約後の「購読の詳細」画面です。
PayPal-7

 
▼「購読の詳細」画面のビフォア・アフターを比較してみましょう。まずは、ビフォア。
ビフォア
 
▼次ぎにアフター。しっかり最終支払い期限が明記されています。
アフター

 

おわりに

ネット会員やネットサービスに登録して、しばらくは覚えていても時間が経つと忘れがちです。
1年後に、自動引落になった会費で、慌てて解約したりする場合もあります。
そのサービスが自分にとって有益であれば問題ありませんが、年会費が安いからと「とりあえず登録しておくか」と、安易に考えてしまう場合もあります。
(私はこのケースが多いw)
 
たまに契約内容を確認したり、無駄な出費をしていないか管理をする必要があると改めて感じました。
この機会に他のサービスも見なおそう。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top