スポンサーリンク

Macでこんなことまでできる!保存したパスワードの確認方法と秘密メモ


スポンサーリンク

f:id:mrss25:20111208234704j:image

 ウインドウズにはこんな機能はありませんでした。

 この機能を知ったときは何て便利なんだろう!痒いところまで手が届くMacはやはり違うな!と実感!

◆キーチェーンアクセス◆

 Safari等のWebブラウザでのネットワーク接続や他のアプリケーションなどで利用したアカウントやパスワードは「キーチェーン」に保存されています。それらのパスワードは「キーチェーンアクセス」を使って確認することができます。

「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「キーチェーンアクセス」で起動します。

「分類」で(1)「パスワード」を選択すると、キーチェーンに自動登録されたパスワードの一覧が表示されます。

その中から、(2)「はてな」をダブルクリック、あるいは下にある(3)「i」をクリックします。

f:id:mrss25:20111208234927j:image:w360

「パスワードを表示」にチェックを入れます。

f:id:mrss25:20111209004003j:image:w360

すると「許可するには、キーチェーン”ログイン”のパスワードを入力してください」と出ますから、パスワードを入力して今回だけなら「許可」。常時表示するには「常に許可」をクリックしてください。

f:id:mrss25:20111209004520j:image:w360

すると、私の「はてな」のパスワードを確認することができます。

(スクリーンショットはなしです。)

◆秘密メモ

 キーチェーンアクセスで保存できるのは、Webブラウザなどのアプリケーションが自動保存するIDやパスワードだけではありません。応用編として「秘密メモ」を使うと手動で任意の情報を暗号化して安全に管理することができます。これはかなり使えます。

 例えば、携帯やスマホ、或は手帳等に保存したくない重要なパスワードや番号、或は人名や住所等々を秘密メモとして保存しておけば半永久的(Macが壊れるまで)保存可能ではないかと思います。

「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「キーチェーンアクセス」で起動します。

「分類」で(1)「秘密メモ」を選択し、下の(2)「+」をクリックします。

f:id:mrss25:20111209005643j:image:w360

「キーチェーン項目名」と「メモ」欄が表示されるため、人に見られたくないメモを記入します。

f:id:mrss25:20111209005936j:image:w360

メモが完成したスクショです。

f:id:mrss25:20111209010538j:image:w360

この「秘密メモ」が見たければ、ダブルクリックして、「メモを表示」にチェック→パスワード入力すれば内容をニヤニヤしながら確認することができます。

◆まとめ◆

 以上より、MacでSafari等のブラウザでのパスワード管理する場合はこの「キーチェーンアクセス」のパスワード一つだけ覚えておけば、OKということになります。これは便利ですね!

.

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top