スポンサーリンク

キーボードの順番を自由に入れ替えて絵文字を快適に入力する方法


スポンサーリンク

medium_2895535441

photo credit: Swamibu via photopin cc

変換候補の選択画面について

毎日iPhoneを弄り回している@fwhx5296ことシゲちゃんです。

メールするにしてもメモするにしてもとても便利に入力しているのがiPhoneのフリック入力。

先日、iPhoneのキーボードについてこんなエントリーをしました。

【小技】数字を効率よく連打する一つの方法 | ツインズパパの徒然日記 Ver.2

iPhoneのキーボードで新たな発見! | ツインズパパの徒然日記 Ver.2

今回のエントリーはキーボードに関する2点あげてみました。

第1点:絵文字キーボードについて

第2点:キーボード種類と順番について

絵文字キーボードについて

超絶便利なiPhoneの日本語入力方法であるフリック入力。

変更候補を選択するのにも便利です。

▽たとえばメモ帳で「ねこ」と入力して、変換候補を確認する場合は

 1)変換候補欄を左右にフリックする。

 2)上矢印をタップする。の2通りあります。

no1-1

▽上の1)の方法ですと、即確定になりますが、2)の場合は下図のようになります。

no2

▽変換候補言語が全て表示されていないので変換候補表示範囲を下方向にフリックすると全表示されます。

no2-1 no3

▽下方にある、今まで(私が)気にも留めなかった「読み」「部首」をタップしてみます。

no3-1

▽「読み」をタップしてみます。音読み・訓読みも変換候補として表示されて便利です。

no4

▽「部首」をタップしてみます。「うかんむり」「けものへん」「きへん」等部首に基づいた候補が表示されます。一番左のダークグレー部をタップor長押しで部首の読み方が出るかと思いきや、そこまでは表示されませんでしたw

no5

キーボード種類と順番について

私はある程度、年齢がイッテますのでそんなに絵文字は使わないのですが、たまに感情表現をしたい時があります。そんなときは絵文字を使います。

絵文字の入力方法は、今までは上記したように「ねこ」「いぬ」「ねずみ」と打って、変換候補から入力していましたが、絵文字専用のキーボードがありました。

▽「設定」→「一般」→「キーボード」→「各国のキーボード」→「新しいキーボードの追加」

no7-1

▽ここで「絵文字」をタップすれば「キーボード」に反映されます。

no8-1

▽その時の地球儀マークをタップすると、上図の順番どおりになっています。

no18

▽私はフリック入力がメインなので、編集をタップし「日本語(フリック)」を最下段とします。

no10

▽そして日本語(フルキーボード)を削除します。

no11

▽その時の地球儀マークをタップすると上で変更した順番になっています。

no17

まとめ

キーボードの種類や順番までユーザー好みに変更できるというのは、とても便利だし快適に入力できますね。みなさんも自分の入力しやすい方法を試してみてください。

ところでiPhoneといえばフリック入力。

フューチャーフォン(折りたたみ携帯等)の名残でローマ字入力されている方は、騙されたと思ってフリック入力を試してみてください。

最初1~2日は戸惑うことがあるかもしれませんが、3~4日経過して慣れてくると、入力速度が2倍から3倍にアップしてるかもしれませんよ!

以下にフリック入力のわかりやすいブロガーさん(@isloopさん、@hitoxuさん、@OZPAさん)の記事ををご紹介させて頂きます。

参考:

するぷ流iPhoneフリック入力を3日で習得する方法。 | 和洋風◎

iOS5でフリック入力ミスが増えた方必見!もっさり解消法 | ひとぅブログ

フリック入力が進化する![iOS 5][iPhone][tips]iOS 5の新機能、「フリック入力のみ」の設定方法! | OZPAの表4

.

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で
コメント0件3686

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top