Mac OS X Lionで「ライブラリ」フォルダを表示してMacを使いやすくする3つの方法


スポンサーリンク

f:id:mrss25:20111121004846p:image:w360

 今までホームフォルダ内の[ライブラリ]に格納されていた各種設定ファイルは、どこに行ってしまったのでしょうか?

 Mac OS X Lion になって[ライブラリ]フォルダーがないと困っている方も少なからずおられるのではないでしょうか。ファインダ上で[ライブラリ]フォルダを開いて、各種ファイルを参照・移動した経験のある人もおられるでしょう。実は私も[ライブラリ]フォルダーを探すのに一苦労した一人です。 ではどうやって表示させるか、以下3点を参考にして頂けたらと思います。

f:id:mrss25:20111121010052p:image:left

「option」キーを押下しながらメニューを開く

トラブルの絶えなかったEvernoteが完全復活!凄いぞEvernote!

の中でも書いておりますが、もっとも簡単なのがこの方法だと思います。

[Finder]表示時に[option]キーを押下しながらメニューバーの「移動」をクリックすると表示されます。

f:id:mrss25:20111121005034j:image:w360

f:id:mrss25:20111121010052p:image:left

サイドバーに登録する

 1番目で表示された[ライブラリ]フォルダーのアイコンをD&D(ドラッグ & ドロップ)にてサイドバーに登録しておくと、後々容易なアクセスが可能になります。

f:id:mrss25:20111121005102j:image:w360

f:id:mrss25:20111121010052p:image:left

ターミナルで設定します

 ・ターミナルの表示方法ですが「Launchpad」を起動します。

 f:id:mrss25:20111121005130j:image:w360

 ・「Utilities」をクリックします。

 f:id:mrss25:20111121005155j:image:w360

 ・「ターミナル」をクリックします。

 f:id:mrss25:20111121005218j:image:w360

 ・「ターミナル」が表示されたら、「chflags nohidden ~/Library/」というコマンドを実行すると、ホームフォルダに「ライブラリ」フォルダが表示されています。

 f:id:mrss25:20111121005902j:image:w360

          ↓↓↓

 f:id:mrss25:20111121005248j:image:w360

 邪魔にはならないと思いますが、もし邪魔になる場合で非表示にしたい場合は「nohidden」→「hidden」として同じコマンドを実行すれば非表示となります。

 今まであったものがなくなると、使いづらくなりますからできるだけ快適な環境にしたいですよね。みなさんもよかったら試してみてください。

.

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で
コメント0件1241

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top