iTunesの表示スタイルを変更し目的の楽曲を効率的に探す方法


スポンサーリンク

itunes-10-icon-500x500

はじめに

MacユーザーだけでなくWindowsユーザーにおいても、音楽アプリの定番と言えばiTunesですねえ。

みなさんご存じでしょうが、iTunesの表示スタイルは自分が操作しやすく、見た目がいいように変更できます。

種類は

 「リスト表示」

 「アルバムリスト表示」

 「グリッド表示」

 「CoverFlow表示」

があります。

今回はその表示方法に便利なTipsを一つご紹介するというものです。

カラムブラウザーの表示

まずは上で述べた4つの表示方法ご紹介します。

「リスト表示」

f:id:mrss25:20120504013953j:image

「アルバムリスト表示」

f:id:mrss25:20120504014016j:image

「グリッド表示」

f:id:mrss25:20120504014031j:image

「CoverFlow表示」

f:id:mrss25:20120504014052j:image

では、Finderでもあるカラムブラウザー表示がiTunesの表示スタイルでも選択できます。

これがあると目的の楽曲が素早く見つけることができます。

表示方法は

「表示」→「カラムブラウザー」→「カラムブラウザーを表示」にします。

f:id:mrss25:20120504014043p:image

カラムの内容は

「表示」→「カラムブラウザを表示」→「ジャンル」「アーティスト」「アルバム」等を選択することができます。

f:id:mrss25:20120504014144p:image

ちなみに「アーティスト」と「アルバム」を表示してみました。

f:id:mrss25:20120504014207j:image

これで、目的の楽曲を素早く探し出すことができます。

.

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で
コメント0件2014

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top