iTunesの曲を整理して少しでもハードディスクを節約する件


スポンサーリンク

f:id:mrss25:20120720235552j:image

はじめに

MacBook Airを購入して毎日iTunesで音楽を聴いている@fwhx5296ことシゲちゃんです。

レンタルショップや購入したCDをとりあえずiTunesにインストールしています。そんな状況なので、そろそろハードディスクを節約する意味でも整理しないといけないなと思いながら時が経過しておりました。

本日やっと重い腰を上げて整理してみたので、ご存じの方は多いと思いますが、その内容をご紹介してみたいと思います。

まずは不要な曲を削除

レンタルショップで借りてきたCDや子供達がとりあえずインストールした曲は今はほとんど聴いていません。そんな曲は不要なのでハードディスクを節約する意味でも削除しましょう。

▽ライブラリーから不要な曲にチェックを入れて、[編集]メニューから[削除]を選びます。([デリートキー]を押しても削除できます。)

f:id:mrss25:20120904221751j:image

▽間違いなければ[削除]ボタンをクリックします。

f:id:mrss25:20120904221814p:image

▽[ゴミ箱に入れる]をクリックしたあとは、ハードディスクを圧迫しないよう忘れずにファインダでゴミ箱を空にしておきましょう。

f:id:mrss25:20120904221844p:image

重複している曲を探す

長い間、iTunesを利用していると、好きなアーティストの同じ曲が何曲も重複してインストールされている場合があります。

そんなときは重複している曲を見つけ出し、削除しましょう。

(※ただし、同じ曲名でもアルバムによってバージョンが異なったり、アーティスト違いの同名曲だったりしますので留意願います。)

▽[ファイル]メニューから[重複する項目を表示]を選択すると、ライブラリー内にある同じ曲や同様のコンテンツをリストアップしてくれます。

f:id:mrss25:20120904221915p:image

▽同じ曲が見つかった場合には、どちらか一方を削除すればハードディスクの容量の節約に繋がります。

f:id:mrss25:20120904222057p:image

まとめ

[iTunes]はMacユーザーのみならずウインドウズユーザーでもお馴染みで、アップルが開発及び配布しているメディアプレーヤー(動画および音楽の再生・管理ソフト)です。

Macでは動画編集ソフト[iMovie]から動画をiTunesに書き出すなど、ほかのソフトとの連携も充実しています。

ハードとソフトが融合しているApple製品。使い安さで言えば、個人的には窓機の上をいってます。お気に入りです(#^_^#)

.

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top