スポンサーリンク

[iPhone]新型「iPhone X」でも簡易アクセスで片手で簡単に通知センターおよびコントロールセンターを呼び出すことができますよ


スポンサーリンク

Reachability

スクリーンショット 2017 10 21 9 45 16
「iPhone 7」なでのiPhoneでは、ホームボタンをダブルタップすると簡易アクセスができていたので、その恩恵を受けていた@fwhx5296ことShigeです。
一般的大人の手の大きさより少し小さいため、片手ではiPhoneの上部へ親指が届き難いのです。
片手持ちで便利なバンカーリングなども利用していますが、簡易アクセスも多用していました。
 
しかし、ホームボタンがなくなった「iPhone X」ではどのようにすれば簡易アクセス機能を起動できるのか懸念しておりました。
その方法を先ほど見つけたのでエントリーしておきたいと思います。
 
以前のエントリーはこちら。

[iPhone][iOS8]「Reachability(簡易アクセス)」をほぼ100%の確率で機能させる方法

はじめに
iOS 8の新機能の一つ、「Reachability(簡易アクセス)」機能を多用している@fwhx5296ことShigeです。
 
この「Reachabi…



新型「iPhone X」でも簡易アクセスで片手で簡単に通知センターおよびコントロールセンターを呼び出すことができますよ

多少でも使い易くすることは、私のモットーです。
存在する機能は使いこなして、自分仕様にしたいと考えています。
 
この「簡易アクセス(Reachability)」機能は、応急処置的な言い方をされて、Appleらしさがないとあまり歓迎されていない印象を受けていました。
しかし、個人的には有り難い機能でしたので、よく使っていました。
ということで、ホームボタンがなくなった「iPhone X」での「簡易アクセス」機能のスイッチを「オン」にしてみましょう。

 
▼設定 ⇒ 一般 ⇒ アクセシビリティ ⇒ 簡易アクセス となります。 スイッチをオンにしましょう。
Reachability-1

 
▼そうすることで「簡易アクセス」機能を使うことができます。具体的には、ホーム画面最下段のドック下半分くらいを下方にスワイプダウンします。
図中に「センターのアイコン」と記載しておりますが、ドック下半分緑枠の範囲でも反応しました。
Reachability-6

 
今回、「iPhone X」になり、「センサーハウジングの両端」に通知センターおよびコントロールセンターが配置されて、指が届きづらくなりました。
私の場合は、絶対に両手を使わないと届かない範囲となったのです。
ということで、「簡易アクセス」機能を使い、少しでも通知センターおよびコントロールセンターにアクセスしやすいよう工夫してみました。
 
 
▼何もしないと下図のような要領です。
Reachability-3

 
▼「簡易アクセス」機能だと、おおまかですが黄色範囲が通知センター。赤範囲がコントロールセンターです。
Reachability-4

 
▼起動できます。
Reachability-5

 

おわりに

簡易アクセスで少しでも使い易くなればいいと思い、個人的に積極的に使っています。
通知センターおよびコントロールセンターを呼び出すにも便利ですしね。
興味があったらみなさんも試してみてください。

【関連】

[iPhone][iOS8]新しく搭載されたReachability(簡易アクセス)機能を利用する一つの理由

iOS 8から搭載された「Reachability(簡易アクセス)」は通常使用で利用している@fwhx5296ことShigeです。

この「Reachability(…

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top