スポンサーリンク

[iPhone]新型iPhone X のFace ID についての疑問とそれの現状を調べてみたよ


スポンサーリンク

iPhone X

スクリーンショット 2017 10 21 9 45 16
iPhone 8/8 Plus はスルーして、iPhone Xに狙いを定めた@fwhx5296ことShigeです。
iPhone Xで初搭載された主要な機能に顔認証「Face ID」があります。
iPhone 7/7 Plusまでの指紋認証「Touch ID」に変わる、認証方法です。
起動するにしても、ログインするにしても、それこそ「カギ」となる機能なので、個人的にとても気になっています。
 
手元に、現物がないため実証はできませんが、現状、私のわかる範囲で調べてみました。
ソースは、Appleの発表やネット上での記事を参考にしたので、全てが正しいか否かはわかりません。
そのところご了承願えたらと思います。



新型iPhone X のFace ID についての疑問とそれの現状を調べてみたよ

「Face ID」とは、簡単にいうとiPhoneを見ることによりロックが解除される認証システムです。
指紋認証である「Touch ID」にかわり、より簡単に、より便利に、より直感的に、より安全な認証システムとして開発された機能が「Face ID」です。
 
「Face ID」では端末上部の切り欠き部分にある「TrueDepthカメラ」で顔を読み取ります。
「TrueDepthカメラ」では、ドットプロジェクタで顔の深度を測定し、赤外線カメラでそのドットパターンを読み取ります。
それらのデータを専用チップが解析して照合を行うとのことです。
 
Appleによると、誤認証の確率は100万回に1回とされている。
Touch IDが5万回に1回ですから、単純に20倍安全性が向上したと考えられます。
「Face ID」を無効化し、従来通りパスコードでロック解除もできます。
 
▼切り欠き部分に収まる、一番左が赤外線カメラ。左から2番目が投光イルミネータ。一番右が、ドットプロジェクタです。
iPhone X-1
 

  • 赤外線カメラ・・・赤外線カメラがドットのパターンを読み取り、赤外線画像を撮影します。このデータが照合のためにA11 BionicチップのSecure Enclaveに送られます。
  • 投光イルミネータ・・・目に見えない赤外線により、暗い場所でもあなたの顔を特定しやすくなります。
  • ドットプロジェクタ・・・3万以上の目に見えないドットをあなたの顔の上に投射し、あなただけの顔のマップを作ります。
疑問点

■セキュリティは大丈夫か
データはクラウドではなく、端末本体に暗号化して保存されるとのことです。そのため流出の可能性は少なく、認証スピードも瞬時に行われるとのことです。
 
■写真での反応は
どこかのメーカーでは、写真で誤認証するという話を聞いたことがあります。
しかし、この「Face ID」については、立体的なパターンを認識するため写真や特殊メイク(見た目だけ似ている)では認証されないと言われています。
さらに言えば、双子でも識別するとのこと。
購入後は、うちのツインズでも試してやろうと思っています。
 
■寝ているときに顔認証される可能性は
寝ているときは、ほとんどの方は目を閉じています。この「Face ID」はiPhoneに向かい凝視しなければ認証されないシステムになっているとのこと。
そのため、寝ているときに勝手にロック解除されることは、まずないと考えていいと思います。
「Touch ID」では、簡単に指紋認証できてましたけどねw
ちなみに、寝ているときに、第三者が強制的にマブタをこじ開けて「Face ID」を認識させようとするとどうなるか。
これは実証実験しようと考えています。
 
■暗闇での認証は
上図で説明した、切り欠き部分にある左から2番目の投光イルミネータで暗所でも認識可能ということです。
私は、夜明け前などに朝ランする場合があるのですが、その際は重宝しそうです。
 
■太って顔の形状が変わっても大丈夫か
「Face ID」の紹介動画でもありましたが、メガネやヒゲ、あるいは髪型が変化しても帽子を被っても認識するとのこと。
ただ、体重の増減が激しい私。
数kg程度では顔の形状は変わりませんが、10kg以上太ったり痩せたるすると顔の形状そのものが変わってしまうのではないかと心配しております。
 
■風邪や花粉の季節でマスクをしても大丈夫か
顔の大半を隠してしまうため、個人的には認識されないのではないかと懸念しております。
逆に、認識されるとすると安全性に疑問を感じてしまう部分もあります。
これに関しては、実機を入手した際に実証実験をしてみたいと思います。
iPhone X-3
 

おわりに

iPhoneに対する認証システムですが、「iPhone 7/7 Plus」までは「Touch ID」でした。
この「Touch ID」がくせ者で、私の場合、お風呂上がりやランニング時に認証しようとしても、ほぼほぼエラーが出ていました。
なので、何度も「Touch ID」でトライして、最終的には暗証番号でロック解除している現実がありました。
これが、なんともストレスだったのです。
 
最も素早くロック解除して欲しいときに、解除されず暗証番号を問われる。
正直これには参りました。
 
しかし、「Face ID」には、期待をしています。
帽子を被っていても、洗髪して髪が乱れていても、さらに、汗と疲れで顔がぐしゃぐしゃだったとしても、、、
きっと認証してくれると思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 個人的にはマスクでパスするかが最も重要だと思っています。
    (きっと中国の方も。。)
    冬場はほぼずっとマスクです。
    スマホ見るたびにマスクをはずすくらい面倒なことないです。
    その代わりにパスコードを入れるなら本末転倒。
    欧米人はマスクまでは考えてなかったでしょうね。

    • Wackさん
      コメントありがとうございます。
      そして、お返事が遅くなったことお許しください。
      言われるとおり、潔癖症をはじめ健康に留意する方が多い日本人ですからマスクを利用される方は多いと思います。
      特に冬場は半数以上がされているような印象を受けてしまうほど。
      「iPhone X」を入手できた時点で「Face ID」がどの程度の露出度を示していれば認証されるかなど試してみたいと思います。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top