スポンサーリンク

[Apple Watch]新型Apple Watch シリーズ3を購入するか否か悩んでみたよ


スポンサーリンク

Apple Watch
スクリーンショット 2017 10 21 9 45 16
ほぼ毎日朝ランするときに装着しているApple Watchがお気に入りの@fwhx5296ことShigeです。
 
私が愛用しているApple Watchは、初代のシリーズ1です。
Apple Watchを購入するまでは、腕時計をする習慣がなかったものですから、時間はいちいちiPhoneを取り出して確認していました。
当時はそれが当たり前の行動で、面倒と感じることはありませんでした。
 
しかし、初代Apple Watchが発表されて購入してからは、腕時計を見ることが当たり前になりiPhoneを取り出す手間が面倒臭く感じるようになりました。
Apple Watchは、時刻を確認することに加えて、iPhoneに届いた通知や連絡を手元で確認することができます。
さらに、電話も手元で着信することができるため、どうしてもiPhoneが取り出せない状況では使用しています。
今後の生活において、Apple Watchを手首から外すことは考えづらい。
 
そこで、先日のApple Special Event 2017.9.12 で発表された一つにApple Watch Series3がありますが、購入するべきか否か悩んでます。



新型Apple Watch シリーズ3を購入するか否か悩んでみたよ

Apple Watch-1
Apple Watch Series1とSeries3でどのように進化しているのか。
個人的ですが、私の生活スタイルで買い換える価値があるのか。
もし買い換えるなら、どのモデルがいいのか
などを、考えてみました。
同じように買おうか買うまいか、悩んでおられるみなさんの参考になれば幸いです。
 
まずは、Series1からSeries3での主な進化点を列挙してみたいと思います。

  1. LTEモデルがある
  2. 電池持ちは変わらずmax18時間
  3. GPSに対応
  4. 容量が8GBから8GBと16GBにバリエーションが増加
  5. 気圧高度計を搭載
  6. 飛沫性能から50メートルの耐水性能に耐性向上
  7. 話せるSiriに対応
  8. より高速なデュアルコアプロセッサ「S3」に進化

上記の主な進化点について、考えてみたいと思います。
各タイトル横の「○、△、×」は、買い換える価値があるかないかを主観的に表示したものです。
 ○:買い換える価値が大いにある。
 △:買い換える価値はあまりない。あるいは現在持っているApple Watch 1 で事足りる。
 ×:買い換える価値はない。
 
評価する前に。。。
私の場合、どこに行くにもiPhoneを持ち歩いています。
そして、Apple Watch は補完的なデバイスと言えます。
 
なぜなら、いつどこにいても連絡や通信が取れるようにしたいからです。
あるいは、伝えたい情報や出来事があれば、なるべく早くブログ等で共有したいためです。
そう考えると、Apple Watch 単体で外出するということはありません。
 
本来であれば、Apple Watch 単体でこれだけのことができれば
ユーザーにとっては、この上ない喜びです。
しかし、私の状況は、Apple Watchは補完的なデバイスなので
これらを前提にして話しを進めていきたいと思いますのでご了承願えればと思います。

  

1.LTEモデルがある・・・△

Apple Watch 単体で通信できれば、それに越したことはありません。
しかし、そのような状況になることは、私の場合はほぼ考えづらいです。
 
あわせて、現在契約しているSoftBankを解約してMVNOに替えようと考えています。
現在、AppleもMVNO各社も、Apple Watch 3 のeSIMに対応するか否か不透明な状況です。
今後、MVNOの中で対応する会社が出てくるかもしれませんが、いつになるかわかりません。
ということで「△」です。

 

2.電池持ちは変わらずmax18時間・・・×

電池持ちに関しては、現在、愛用している Apple Watch 1 は、日々の生活スタイルに大きく影響します。
例えば、朝ランした日はApple Watchが、1時間前後 脈拍やランニングログを記録します。
そのためかどうかわかりませんが、電池の消耗が激しく一日持たない場合があります。
その変わり、体調不良や天候不順でランニングをしなかった場合は、夜中まで余裕で持ちます。
 
経年劣化ということもありますから、新しいに越したことはありません。
しかし、公称18時間と表示されているからには、買い換えるメリットはないと考えます。

 

3.GPSに対応・・・×

毎日、iPhoneを持ち歩く私としては、効果は薄い。
というか、ないと言っても過言ではありません。
あればあったで便利ですけどね。

 

4.容量が8GBから8GBと16GBにバリエーションが増加・・・×

現在、Apple Watchを補完的に使用しています。
そのため、Apple Watchにデータを入れて、何かに利用するということはありません。
音楽関連のデータや写真等もApple Watchに格納して利用したり発信することができますが、私は、全てiPhoneを発信源にしています。
 
また、狭隘なディスプレイなので、閲覧性も高くないためクリエイティブな作業はしません。
そのため、容量の増加は有り難いですが、個人的なメリットを感じません。

 

5.気圧高度計を搭載・・・×

山登りやトレッキングなど、気圧高度計を使用する場面がありません。
用いるとすれば、ランニング時のときに参考程度にするくらい。
また、iPhoneのアプリにも高機能で正確な気圧高度計があります。

 

6.飛沫性能から50メートルの耐水性能に耐性向上・・・○

雨や水仕事などの飛沫性能から50mの耐水性能に耐性向上です。
これは、買い換える価値は十分にあります。
シャワーや水泳をするときなど、Apple Watchをはずす必要はありません。
個人的には古い人間なので、精密機械ということで外してしまいますけどね。
でも、不意に水中に落としたりしたときも安心ですから、買い換える価値は十分にあると思います。

 

7.話せるSiriに対応・・・△

Apple Watch 1 では、テキスト表示でSiriが対応してくれます。
あるいは、バイブレーションなどを利用したりもします。
街中や電車の中など、そばに第三者がいる場合はSiriに話しかけて、それに声で応えてくれるというのは個人的にちょっと気が引けます。
ということで、なくてもいいかなぁという機能向上ですね。

 

8.より高速なデュアルコアプロセッサ「S3」に進化・・・○

現在持っている、Apple Watch 1 の反応速度には閉口する場合が多いです。
再起動しかり、マップ検索したり、行き先経由を表示する場合もしかり。
とにかく、遅いです。
なので、自然と使わなくなりました。
これが、サクサク動くようになれば、活用の場も今より格段に広がると思います。
この機能向上は大歓迎!

 

まとめ
  1. LTEモデルがある・・・△
  2. 電池持ちは変わらずmax18時間・・・×
  3. GPSに対応・・・×
  4. 容量が8GBから8GBと16GBにバリエーションが増加・・・×
  5. 気圧高度計を搭載・・・×
  6. 飛沫性能から50メートルの耐水性能に耐性向上・・・○
  7. 話せるSiriに対応・・・△
  8. より高速なデュアルコアプロセッサ「S3」に進化・・・○

○が8つあるうちの2つ。
△が8つあるうちの2つ。
×が8つあるうちの4つ。
 
50%が買い換える価値がないという結論に達しました。
ただ、ひとつひとつの機能を見ると、あれば便利だし、Apple Watch 3 を生活に取り入れることにより、より効率的で快適な生活を送ることは確かです。

 
Apple Watch-2

おわりに

第三者的な立場で、悩んでみました。
その結果、買い換える価値はそんなにないとなりました。
 
11月にiPhone Xを入手すれば(できれば)、約18万円もの出費があります。
それを考えると、追加で約4万円のApple Watch 3 を購入するのは無理があるのかもしれません。
てか、相方さんに、これ以上のお願いごとは避けたいというのが本音ですねw
 
まだまだApple Watch 1 が現役なので、もう少し頭を悩ませてみます。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top