スポンサーリンク

[AirPods]ビジネスマンのあなたもきっと気に入るであろうAirPodsの魅力8つをあげてみたよ


スポンサーリンク

AirPods-1

はじめに

昨年の12月26日に届いたAppleのAirPodsを毎日愛用している@fwhx5296ことShigeです。

たった1週間ですが、私にとってなくてはならない超絶お気に入りの製品となりました。
業務やプライベートで使って気に入った8点をみなさんにご紹介したいと思います。
万人という訳ではありませんが、個人的感想という前提でご覧になっていただければと思います。

ビジネスマンのあなたもきっと気に入るであろうAirPodsの魅力8つをあげてみたよ

昨年の12月14日に注文した当初は1ヶ月待ちの1月15日に到着予定でした。
しかし、どういう理由かわかりませんが、20日も前倒しで昨年の12月26日に手元に届きました
到着後、毎日耳に装着しないときがないほど愛用しています。
たった1週間ですが、業務やプライベートで「これはいい!」と思った点をご紹介いたします。

Apple-AirPods

1.装着していることを意識することがない

AirPods-2
今まで、ランニングなどのワークアウトやインドアの映画鑑賞などにしてもEarPodsを愛用していました。
EarPodsはコードが付いています。
引っかけてはいけない、絡んではいけない、デバイスから離れられない、など常にコードの存在が頭の片隅にありました。
ある意味束縛されているという意識です。

しかし、AirPodsを使い始めて、コードの存在、況んやAirPods自体の存在も忘れてしまうほどです。
これは、自身をデバイスから完全フリーにするとても快適な状態です。

2.一定範囲内にBluetoothが届く

AirPods-3
自宅にしろ、職場にしろ、一定範囲内ではAirPodsとiPhoneやMac等のペアリングデバイス(Bluetooth)が途切れることがありません
「10m、20mまで届く」等の検証はしていませんが、自分が行動する範囲、例えばトイレに行く、階下でコーヒーを入れる、隣の部署に行くなどでは、途切れることはありませんでした。
必要にして十分なペアリング能力のようです。
今後、機会があれば検証してみたいと思います。

以前、「自宅や職場など限定された空間ではiPhoneを携行しない身軽な生活を送ることにしたよ」という記事で、Apple Watchで腕に装着していればiPhoneを常に携行する必要がなくて楽だねという内容をご紹介しました。
現在は、そのApple Watchの存在がAirPodsに取って変わろうとしています。
なぜなら、楽曲も電話もApple Watchより格段に音質もいいし快適だからです。

3.車の運転時にはなくてはならない

AirPods-5
業務やプライベートでの運転時に電話がかかってくることがあります。
Apple Watch入手前は、車を路肩に停めて通話していました。また、電話がかかってくるであろうと予測される場合は、予めEarPodsをiPhoneに接続して運転していました。

Apple Watch入手後は、Apple Watchで通話していました。当然、両手はハンドルです。
しかし、Apple Watchでは音量も音質も低レベルでスムーズな会話はむずかしい状況でした。そのため、EarPodsを接続する状況が多かったです。
また、EarPodsはコードがあるため動きが制限されます。車外に出て飲み物を買う場合、トイレに行く場合、いちいちiPhoneからジャックを抜いていました。

AirPodsを入手してからは、運転前にAirPodsを耳に装着すれば即ペアリング完了。
運転姿勢を変えようが、コンビニへ飲み物を買いに行こうが、トイレに行こうが、装着したまま。

さらに、AirPodsは外界の音を全てシャットアウトすることはありません。
他車のクラクション、遮断機、救急車などの音も耳に届きますし、同乗者とも会話ができます。
電話がかかってくれば、AirPodsを「トントン」と2回タップすれば満足いく音質と音量で会話が可能です。
確実に外の音を確認したい場合は、片耳だけ装着していてもOK。
電話がかかってきたら、同様にAirPodsを「トントン」とタップ。
両耳装着すればクリアな会話が可能です。
ただし、個人的にiPhoneやAirPodsの充電レベルが気になるので、車内では主に車載ラジオを聴いています。

4.ガッツリ音楽を聴いているようにみられない

AirPods-4
これは私個人の思いです。
もしかすると勘違いかもしれませんが、身近な方々の反応を見てそう思いました。
ヘッドフォンやイヤフォンコードが付いていると、聴いている本人に声を掛けづらい。
しかし、AirPodsの場合は、耳に付けている(掛けている)だけと思われ、声をかけやすい。

会社にいても親戚の家に行っても、そのような対応でした。
ただ、AirPodsを知らないから音楽を聴いていると思われいないだけかもしれませんが、普通に話しかけられる傾向が強かったです。
片耳だけでも音楽やラジオを聴くことも可能ですし、電話での会話も可能です。
AirPodsでガッツリ音楽を聴いていても映画を見ていても、回りに気づかれにくいのは、ある意味自分にとっていいのかもしれません。

5.ボディやケースがお洒落でコンパクトさらに1日十分に働いてくれる

AirPods-6
多忙なビジネスマンにとって充電や持ち運びで不自由を被るのは、大きなストレスになります。
しかし、このAirPodsはボディ重量が片耳4gで、ケースも軽量(38g)コンパクトでお洒落なホワイト。
なくしてしまうというリスクはありますが、どこにでも持ち歩けるというメリットがあります。
充電時間が15分で3時間の再生時間も満足度が高いです。

使用充電コードもLightningケーブルなのでiPhoneを持っている人は誰でも持っている汎用性の高いもので不便さは感じないと思います。充電器も同様。
終日持ち歩ける、いつでもどこでも充電できる恩恵というものは何事にも変えがたい有り難さがあります。

6.Apple製品間のシームレスな連携

AirPods-7
外出時はiPhone、職場に帰社すればMacBook Pro、帰宅時はiMac 5K Retinaディスプレイモデル。
AirPodsは簡単かつシームレスに連携できます。
これがとても便利。
「ボヮン」準備OKという警鳴が耳元でなり、指示されたデバイスに即接続されるストレスない快適さ。
一度、体験するとAirPodsは手放すことができないという製品になります。

7.耳からはずれにくい

AirPods-8EarPodsは、ランニング時に耳からはずれ易かった。
AirPodsも、同様の形状なので心配していました。
しかし、その心配も杞憂に終わりました。
個人差があると思いますが、激しい運動をしても外れる気配がありません。
同様の形状なのに、、、なぜ?
と、不思議でしたが、その理由としてコードの存在があると思っています。

EarPodsは、コードがあるためバランスが崩れやすい。また、コードが運動している体や腕などにあたり不安定になりやすく外れやすい。
しかし、AirPodsは耳に装着しているだけ。
バランスは、耳の凹凸と棒状の部分が安定さを保っているように思えます。
たまたまかもしれませんが、私にはバッチリフィットしています。

8.価格相応の音質で満足度半端ありません

AirPods-9

価格は税別で16,800円。
高級なイヤフォンに比べると、決して高くない価格設定だと思います。
(私個人的には、高い買い物でしたがw)

音質はと言えば、決して貧弱なものではなく、高音質な部分が若干不足している感はありますがBGM的使用方法では必要十分だと思っています。
豊富なiOSアプリの中では、音質を向上させる秀逸なものがあります。それらのアプリを利用するのもいいかもしれません。
ちなみに、ガッツリ音楽に浸りたいとき私はこのアプリを使っています。

UBiO

UBiO (600円)
(2017.01.03時点)
posted with ポチレバ

おわりに

1週間使ってみた、個人的感想です。
長年、ビジネスマンをやってきてiPhone以外でこれほど便利に感じたことのない製品です。
需要が多すぎるのか、供給が不足しているのか、双方なのか定かではありませんが、人気商品であることは確かです。
昨年購入したベストな商品でもご紹介しているように、自信持ってオススメできるAirPods。
機会があれば、視聴してみて、試動してみてください。
満足される方のほうが多いと思います。

今後の引き続き使ってみて「これはいいな」と思うところがあれば8つ以降追記させていただきます。
オススメです。

Apple-AirPods

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top