[Mac]Windowsの「筆まめ」からMacの「宛名職人」へ住所録を移行してみたよ


スポンサーリンク

宛名職人

はじめに

今年の年賀状は、Mac用年賀状ソフト「宛名職人 Ver.22」で製作する予定の@fwhx5296ことShigeです。
昨日のエントリーに書いたように、20年以上も「筆まめ」を使用してきたため、住所録等のデータ量が半端ないストックなのです。
そのデータを移行しなければならないので躊躇していたのですが、本日無事にうまくいったのでその手順を簡単にスクリーンショットを交えてご紹介したいと思います。

Windowsの「筆まめ」からMacの「宛名職人」へ住所録を移行してみたよ

まずは、こちらから

Windows機の「筆まめ」から

方法をテキストで記載すると以下のようになります。
こちらに書いてあるとおりに操作します。

  1. 筆まめを起動します
  2. 読み込みたい住所録を開き、上部にある[ファイル]メニューの[他の住所録形式で保存]から[他の住所録形式で保存]ダイアログを開きます
  3. [他の住所録形式で保存]ダイアログから[ContactXML形式ファイル (*.xml)]をクリックします
  4. [他の住所録形式で保存]ダイアログで、保存するときのファイル名を入力し、[保存]ボタンをクリックします
  5. 保存対象カードから[すべてのカード]を選択して、[開始]をクリックします
  6. ContactXML ファイルの出力が完了したら、筆まめを終了します

 
上記内容に沿って、やってみました。
 
▼[ファイル]をクリックします。
Excel 1

 
▼[ContactXML形式ファイル (*.xml)]をクリックします。
Excel 2

 
▼吐き出されたファイルを適当な名前を付けて保存します。
Excel 3

 
▼保存対象カードから[すべてのカード]を選択して、[開始]をクリックします。右側に「保存カード数:409件」とあります。
Excel 4 1

 
▼OKをクリックします。
Excel 5

 

ここからMac用「宛名職人」の操作です

▼メニューバーから「開く」をクリックします。
宛名職人-1

 
▼先ほど、名前をつけて保存したファイルを開きます。
宛名職人-2

 
▼互換性が完成されていないのか、不具合が出てきました。ここはスルーで「OK」をクリックします。
宛名職人-3

 
▼すると、どうでしょう。簡単に「宛名職人」へ連絡先が移行されています。ファイル数は409件。
宛名職人-4

 

おわりに

もっと時間と手間がかかるかと思いきや、とてもあっけなく終了しました。
今年は心機一転、「宛名職人」で年賀状を作成します。
なるべく時間をかけずに効率的に印刷したいと思っています。
 

宛名職人 Ver.22

9,800円
(2015.12.06時点)
posted with ポチレバ

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top