スポンサーリンク

[iPhone]「閲覧注意」コンテンツブロッカーを確認するために、超長いスクリーンショットを撮ってみたよ。しかし、結果は・・・


スポンサーリンク

iPhone

はじめに

iOS 9で実装された、Safariでの対応する「コンテンツブロッカー」がお気に入りの@fwhx5296ことShigeです。
その一連の長〜いスクリーンショットを掲載しようと思い、こちらのアプリを使用してチャレンジしてみました。

Awesome Screenshot for Safari

無料
(2015.09.19時点)
posted with ポチレバ

 
以下、ページ全体の細長いスクリーンショットを掲載しているため、閲覧にご注意ください。

コンテンツブロッカーを確認するために、超長いスクリーンショットを撮ってみたよ

最初のトライは、上記アプリ「Awesome Screenshot for Safari」を開いて、URLを直接入力したものです。
 
▼方法は以下です。
 予め対象ページのURLをコピーしておく。その後、入力窓にペーストして開くをタップします。
Screenshot-1

 
▼よければ右上のチェックをタップ後に、「SAVE」でカメラロールに保存します。
Screenshot-2

 
▼すると、結果はブラウザがSafariではないので広告が表示されてしまう。やはりSafari専用なのですね。
LongScreenshot-1

 
▼そこで考えました。Safariからのエクステンションでアプリに転送するとどうなるだろうと。
Screenshot-3

 
▼アクティビティタイトルの中にある「Screenshot」をオンにします。その後、再度、エクステンションから呼び出して、今度は存在する「Screenshot」を選択します。
Screenshot-4

 
▼ページが長いほど大きな容量を締めますので、「Small Size」で問題ないと思います。「Actual Size」ではかなり大きくなりますので注意が必要です。
Screenshot-5

 
▼以下、「Small Size」で出力したページ全体です。完全ではなく微妙に不必要なスペースが残ってはいますが、一応広告は抹消されています。
Long Screenshot-2

 

おわりに

この「Awesome Screenshot for Safari」なるアプリ、ページ全体のスクリーンショットもですが、見える範囲「Visible」の画面も撮影できますから、地味に重宝しています。
無料ですし、画像の加工もできますから便利ですよ。
オススメです。

Awesome Screenshot for Safari

無料
(2015.09.19時点)
posted with ポチレバ

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top