スポンサーリンク

[iMac]接続速度が激遅のため応急処置。。光対応LANケーブルを購入しホームゲートウェイから直結してみたよ


スポンサーリンク

Medium 7629852704
 
photo credit: thefoodgroup via photopin cc

はじめに

なぜか最近、インターネットの接続速度が激遅で待たされることが多くなった@fwhx5296ことShigeです。
 
AirMac Time Capsuleを購入してしばらくの間は超快適にネットサーフィンをしていたものの、ここ最近ニュースサイトの動画やYouTubeでもクルクル回って動画が再生しない事象が発生しイライラ。
 
まずは原因を明らかにして対策を講じないといけませんが、とりあえず応急処置として、光対応のLANケーブルを購入してきて、NTT西日本のホームゲートウェイからiMacに直結してみました。

接続速度が激遅のため応急処置。。光対応LANケーブルを購入しホームゲートウェイから直結してみたよ

Appleの「AirMac Time Capsule」を購入してからの関連エントリーはこちらです。
【関連】
[Apple]買って良かった「AirMac Time Capsule(2TB)」爆速接続速度に驚愕!(写真多め)
[Apple][AirMac]トラブったAirMac Time Capsuleの設定だったが実はとても簡単だった件 今はすこぶる快調!
[iMac]心配だったAirMac Time Capsuleからの復元も無事に成功してホッと一安心な件
[ScanSnap] Wi-Fiルーターを「AirMac Time Capsule」に変更したので「iX100」のWi-Fi設定も変更したよ
[Apple][Mac]「AirMac Time Capsule(エアーマックタイムカプセル)」で復元したMacのデバイス名を正しい名前に戻す一つの方法
 
【関連】の1番最初にご紹介したエントリーは、AirMac Time Capsuleで100Mbpsを超えている状況でした。今ではビックリするような数字で懐かしささえ覚えます。
 
当時から変わったところは、「auひかり」から「NTTフレッツ光」へ。それに伴いホームゲートウェイが変わったくらい。
置き場所や方向などは変わっていません。
「NTTフレッツ光」より「auひかり」との相性がよかったのかなぁ。詳しいことはわからないけど。
 
まぁ、今更嘆いても仕方ありません。
現状で、取り敢えず改善できる応急処置を考えてみました。
ということで、考えた結果、ホームゲートウェイからiMacに有線(LANケーブル)で直結するという方法。
その使用するLANケーブルも高速タイプを購入しようと家電量販店に行ってきました。

 

対応LANケーブルについて

ここらへんの知識は明るくないので、下のページを参考にしました。
そして、どちらも推奨している、CAT7(カテゴリー7)を選んで購入しました。 
LANケーブル – ELECOM | LANケーブル
スクリーンショット 2015 01 16 22 02 57
 
LANケーブル – サンワサプライ株式会社

スクリーンショット 2015 01 16 22 04 08

購入したのはこちらで、CAT7の2mもの。
高性能でも安価なコスパがいいものです。
 

ミヨシ miyoshi TWM-702BK [カテゴリー7 スリムLANケーブル 2m ブラック]
miyoshi co.,ltd (2013-11-10)
売り上げランキング: 70,407

 
▼外箱から。
R0004142

 
▼背面です。
最高のノイズ耐性。最高の伝送性能。次世代の10GBASE-T対応など。
R0004143
R0004144
R0004145

 
▼開封してみました。
R0004148

 
▼ホームゲートウェイは「Air MacTime Capsule」の横にあります。
R0004149

 

接続速度計測

 
それでは接続速度を3タイプについて計測した結果を掲載したいと思います。

  1. 「Air MacTime Capsule」を用いての2.4GHz-Wi-Fi接続
  2. 「Air MacTime Capsule」を用いての5GHz-Wi-Fi接続
  3. 「CAT7」のLANケーブルを用いたiMac有線直接接続

 
計測サイトはこちらです。
BNR スピードテスト 回線速度/通信速度 測定

1.「Air MacTime Capsule」を用いての2.4GHz-Wi-Fi接続
1−スクリーンショット 2015 01 16 20 12 21のコピー
スクリーンショット 2015 01 16 20 12 45スクリーンショット 2015 01 16 20 14 08スクリーンショット 2015 01 16 20 14 34
 
1回目:1.92Mbps
2回目:11.77Mbps
3回目:10.65Mbps
 
平均:8.11Mbps

 
2.「Air MacTime Capsule」を用いての5GHz-Wi-Fi接続
2−スクリーンショット 2015 01 16 20 12 09のコピースクリーンショット 2015 01 16 20 11 03スクリーンショット 2015 01 16 20 11 33スクリーンショット 2015 01 16 20 12 01
 
1回目:18.48Mbps
2回目:29.82Mbps
3回目:17.28Mbps
 
平均:21.86Mbps

 
3.「CAT7」のLANケーブルを用いた有線直接接続
スクリーンショット 2015 01 16 20 23 22スクリーンショット 2015 01 16 20 22 52スクリーンショット 2015 01 16 20 22 23
 
1回目:47.40Mbps
2回目:31.68Mbps
3回目:31.00Mbps
 
平均:36.69Mbps

 
以上をまとめると、以下のような結果となります。

  1. 平均:8.11Mbps
  2. 平均:21.86Mbps
  3. 平均:36.69Mbps

 

おわりに

いろんな条件で数値は変わってしまう可能性はありますが、私のケーブルやWi-Fi機器、接続環境では上記のような結果となりました。
応急処置の結果として快適なネット環境に改善されました。
iMacを移動して使うことは、まず考えられないのでLANケーブルを使ったネット環境でも困ることはありません。
しかし、接続速度の低下の根本的な原因を突き止めなければ、真の改善にはならないと考えています。
今後は、いろんな情報を集めてさらにいい方向に持っていきたいと考えています。
 

ミヨシ miyoshi TWM-702BK [カテゴリー7 スリムLANケーブル 2m ブラック]
miyoshi co.,ltd (2013-11-10)
売り上げランキング: 70,407

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top