スポンサーリンク

[Mac][OS X Yosemite]「Adobe Photoshop CS5.1」を起動するとアラートが表示されたのでエラー回避のため行った一つの方法


スポンサーリンク

Medium 4448924456
photo credit: youngdesign via photopin cc

はじめに

MacBook Air (13-inch, Mid 2011)を愛用してる@fwhx5296ことShigeです。
 
そろそろ新しいMacが欲しいなぁと思っている今日この頃ですが、一般庶民である私がおいそれと10万円以上もするMacを買うわけにはいきません。
なのでもうしばらくMacBook Airに頑張って貰うことにしました。
 
今回、「OS X Yosemite」にアップグレードすると、インストールしているアプリ群との互換が取れないものが出てくるのかなと思いながら使っていたところ。
でました。
「Adobe Photoshop CS5.1」です。
何回チャレンジしても跳ね返されるばかり。

「Adobe Photoshop CS5.1」を起動するとアラートが表示されたのでエラー回避のため行った一つの方法

いつものようにブログに載せる写真を加工するため、「Adobe Photoshop CS5.1」を起動すると何やらアラートが。

スクリーンショット 2014 10 18 9 21 40 PM
 
以前の「Java SE ランタイム」をインストールする必要があるとのこと。
ということで、早速「詳しい情報…」にアクセス。
こちらです。
OS X 2014-001用のJava

 
▼下記のファイルがダウンロードされます。ダブルクリックして起動します
スクリーンショット 2014 10 18 9 24 15 PM

 
▼続ける。
スクリーンショット 2014 10 18 9 24 37 PM

 
▼大切な情報はしっかり読みましょう。(よく理解できなかったけどw)
スクリーンショット 2014 10 18 9 24 41 PM

 
▼使用許諾契約を読んで「続ける」
スクリーンショット 2014 10 18 9 24 47 PM

 
▼使用許諾契約に同意するのであれば「同意する」をクリックします。
スクリーンショット 2014 10 18 9 24 57 PM

 
▼無難に標準インストールでいいので、そのまま「インストール」
スクリーンショット 2014 10 18 9 25 09 PM

 
▼ファイルをインストールしています。待ち時間は数分です。
スクリーンショット 2014 10 18 9 25 26 PM

 
▼インストールが完了されたら「閉じる」
スクリーンショット 2014 10 18 9 25 39 PM

 
▼何回やっても開かなかった「Adobe Photoshop CS5.1」がなんなく開きました。よかった。
スクリーンショット 2014 10 18 9 27 29 PM

 

おわりに

OSをアップグレードすると、いつもの作業ができない場合が出てきます。
このようにアップグレード用のファイルですぐ適用されるのはユーザーにとって嬉しい限り。
今後、トラブルが発生しないことを祈りながら使っていきますw
 

Adobe Photoshop CC 12か月版 Macintosh版 [ダウンロードコード]
アドビシステムズ (2013-11-28)
売り上げランキング: 688

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top