スポンサーリンク

[iPhone][iOS8]新しく搭載されたReachability(簡易アクセス)機能を利用する一つの理由


スポンサーリンク

通知センター

iOS 8から搭載された「Reachability(簡易アクセス)」は通常使用で利用している@fwhx5296ことShigeです。

この「Reachability(簡易アクセス)」機能はホームボタンをクリックせず、ダブルタップすると画面がグィーンと下がってくるヤツです。

【関連】:[iPhone][iOS8]iPhone 6/6 Plusユーザーに朗報!片手で簡単に通知センターを操作できる一つの方法

[iPhone][iOS8]新しく搭載されたReachability(簡易アクセス)機能を利用する一つの理由

誤ってダブルタップし意図せず画面が下がってくるときもありますが、私の場合はごく稀です。
なので、「Reachability(簡易アクセス)」機能はオフにはしておりません。

ではなぜオフにしないのか。
理由は簡単です。
タップしたいところを素早くタップしたいため。

どういう場面かといいますと、、、
通知がきたときに画面上部から表示される「バナースタイル」時に、バナーを引き上げようとしても固まってしまう(バナーを消せない)場合があるのです。
原因はよくわかりませんが、iOS 8に最適化されていないアプリに多いような気が済ます。

たとえば、以下のスクリーンショット。
アプリは「Miil」で、投稿しようとしても右上の「投稿」ボタンがGunosyの通知バナーにより隠れてしまって投稿できません。

そんなときにホームボタンをダブルタップする「Reachability(簡易アクセス)」機能を用いると画面が下がるのでサクッと投稿できます。
通知

おわりに

バナー通知ではなく、非通知にしたりダイアログ通知に変更すると右上の「投稿」ボタンにすぐアクセスできますが、いちいち設定するのが面倒くさくてw
やはりiPhoneは軽快に気持ちよく操作したいですから。

今回のアップデートのiOS 8.0.2で改善されてるかなと思っていたのですが、まだみたいですね。
早く改善して欲しいものです。

Posted from するぷろ for iOS.

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top