スポンサーリンク

[iPhone]中古「iPhone 5」最高値での買取価格が確定!最高値で買い取ってもらった要因を自分なりに考えてみたよ


スポンサーリンク

20121014135859

はじめに

iPhone 6 Plusを購入するために、以前愛用していたiPhone 5を買取業者である「Smarket」さんに買取り申請していた@fwhx5296ことShigeです。
 
先日買取価格の連絡が届いたので報告するとともに、その価格の要因を考えてみました。

中古「iPhone 5」最高値での買取価格が確定!最高値で買い取ってもらった要因を自分なりに考えてみたよ

20121014135618

 
今回、iPhone 6 Plusを購入するための軍資金にするための経緯を書いています。以下のエントリーからどうぞ。
参考:[iPhone]「iPhone 6 Plus」を入手前に各種下取り価格をチェックしてみたよ
参考:[iPhone][au]iPhone下取りプログラムの買い取り価格が大幅増額してるよ
参考:[iPhone][下取り]大誤算iPhone 4S下取り不可!Appleが仕込んでいるこんなチェック機能があるなんて知らなかった
参考:[iPhone][買い取り]iPhone 6 Plus購入の補填用にiPhone 5を高価買い取りサービス「Smarket」を利用してみたよ(iPhoneのリセットとアクティベートの方法も)
 
先日、「Smarket」さんにiPhone 5を送付した買取価格の連絡がメールで届きました。
 
▼メールの買取価格リンクをタップすると、以下の左画面が開きました。
 生年月日を入力した後、「査定結果確認へ進む」をタップします。
 合格発表なみにドキドキしながら見てみると、最高値という買取価格
(本日現在1,000円下がってます)
1 DropShadow ~ IMG 0393
 
よって、今回の一連の機種変更に伴う準備金としては以下です。
33,000円(iPhone 5S)+29,500円(iPhone 5)=62,500円
 

iPhone 6 Plusの実質負担額はこちらのページから
スクリーンショット 2014 09 28 12 50 22 PM
49,080円なので、余剰金が発生した形になりました。
ただしiPhone 5sを手元に残す予定でしたが、予期せぬ自体となり、手放すことになったことが心残り。


 
 
気を取り直し・・・
「iPhone 5」を最高値で買取していただいた要因を自分なりに考えましたので、今後の参考にして頂ければと思います。
 
参考に「査定不可商品」となる可能性がある例としては以下です。

  1. 本体に“ひび”や“亀裂”がある場合
  2. 水没マークが反応している場合。(こちらを参照)
  3. 本体全体的に擦り傷がある
  4. 液晶漏れや割れがある
  5. 広範囲にキズがある
  6. 取れない汚れがある
  7. デコレーションしてある
  8. SIMカードのスロットがない(iPhone)
  9. ホームボタンや電源ボタンの反応がにぶい
  10. ネットワーク利用制限がXになっている(※1)

(※1)
docomo→ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト
au→https://au-cs0.kddi.com/FtHome
SoftBank→https://ct11.my.softbank.jp/WBF/icv
 
上記条件のポイントとして「水濡れ」は論外ですが、日常携行するiPhoneでは「キズ」「割れ」「汚れ」が大きいポイントかと思われます。
これらを防ぐことができれば、買取価格にも反映されます。
 
iPhoneのデザイン上、「素(裸)」で持ち歩きたくなりますが、やはり不意の事故やトラブルを考えると、ケースに入れるのが一番ですね。
 
私がiPhone 5使用時に常に装着していたケースをご紹介したいと思います。
言わずと知れた有名な「パワサポ」のエアジャケです。
このケースが「キズ」「割れ」「汚れ」を防いでくれました。
 

パワーサポート エアージャケットセット for iPhone5S/5 PJK-71
パワーサポート (2012-10-17)
売り上げランキング: 212

 

おわりに

取らぬ狸の皮算用ではありませんが、目論んでいたものと大きく異なる結果となりました。
しかし結果オーライで自分を納得させております。
愛用してきたiPhoneが一番高い価格で買い取って貰えるってユーザー冥利に尽きますね。
「Smarket」さん、ありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top