スポンサーリンク

[iPhone][アプリ]愛用している「ATOK Pad」がマイナーアップデートで見た目がよくなったよ


スポンサーリンク

IMG_6807

はじめに

特に理由はないのですが、最近「ATOK」という文字を見るとニヤニヤしてしまう@fwhx5296ことShigeです。
なぜでしょう。
特にアイキャッチ画像にも使っている「ATOK Pad」のアイコンを見ると嬉しくなってくるのです。

愛用している「ATOK Pad」がマイナーアップデートで見た目がよくなったよ

App Storeの「アップデート」で、「ATOK Pad」が対象になっていると、なぜか心躍るというかワクワク・ドキドキします。
小さいワクワクですけど、嬉しくなります。
 
やはり、すでになくてはならないMacやPCと付き合うためには、必須な日本語入力システムだからかもしれません。
それも愛用しているATOKだから。
 
そんなATOKのiPhone・iPadに対応したマイナーアップデートが為されました。
内容は以下です。
 

バージョン 5.0.2
・編集画面が見やすくなるよう拡大鏡の表示、行間を調整しました。
・(iPhoneのみ)新デザインでも、設定により罫線が表示できるようにしました。また、罫線の表示位置を改善しました。

 
「ATOK Pad」を使用する上で、大したことはない内容ですけど、どのように進化したのかポイントで新旧(アップデート前後)アプリで見比べてみました。
物好きですみません(汗
 
▼まずは起動画面とアップデート内容です。
DropShadow ~ IMG 6794DropShadow ~ IMG 6795

 
▼1点目の「編集画面が見やすくなるよう拡大鏡の表示、行間を調整しました。」について拡大鏡がどのように変わったのか見てみましょう。左(上)が旧で右(下)が新。縁取りがスッキリして、反射した感じが見えなくなってみやすくなりました。
 あと行間は、、変わってますか?ちょっと自分ではわかりかねます(汗
DropShadow ~ IMG 7014DropShadow ~ IMG 6800

 
▼では2点目の「(iPhoneのみ)新デザインでも、設定により罫線が表示できるようにしました。また、罫線の表示位置を改善しました。」をみてみましょう。
「設定」>「デザイン」>「テーマ」
DropShadow ~ IMG 6799

 
▼以前(アプデ前)は罫線タイプで「罫線」や「方眼」にチェックを入れていても「クラシックテーマを使用」をオンにしていないと、罫線や方眼が表示されませんでした。
DropShadow ~ IMG 7016DropShadow ~ IMG 7017

 
▼今回は「クラシックテーマを使用」をオフの状態でも→
DropShadow ~ IMG 6803

 
▼罫線や方眼が入っています。「罫線の表示位置」については、わかりかねます(汗
DropShadow ~ IMG 6801DropShadow ~ IMG 6802
 
 

おわりに

簡単ですが、私が愛用している「ATOK Pad」のアプデ内容について検証してみました。
よくみてもわからない細かいところまで拘って、アプリを制作している大変さとその真摯さには脱帽です。
 
今秋、発表されるであろうiOS 8が楽しみです。
なぜなら、iOS 7まではキーボード機能を解放して「ATOK」など、他社製の日本語入力システムをiOSに組み込むことは禁止されていました。
しかし、iOS 8ではサードパーティーが独自のキーボードを実装してすべてのアプリで使えるようになる!かも?!
 
ということは、日本語入力システムを「ATOK」使用で、iPhone全てのアプリを使えることができるということ。
さらにiPhoneもiPad miniもMacもWindowsも全て「ATOK Sync」で同期・学習させて同じ環境で日本語が入力できるという素晴らしい世界が待っているということです。
 
待ち遠しい。
そうなればいいなぁ。
ではまた。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク

Return Top