[RICOH][GR]愛機コンデジ「RICOH GR」の機能拡張ファームウェアVer.4.00が公開されたよ


スポンサーリンク

はじめに

最近は現場にいく機会が減っているため、愛機「RICOH GR」の出番が少なくなっており寂しい思いをしている@fwhx5296ことShigeです。
 
どこにでも持ち歩け、ベストショットが撮れるコンデジ「RICOH GR」の機能拡張版ファームウェアー バージョン4.00が公開されので早速アップデートしました。

愛機コンデジ「RICOH GR」の機能拡張ファームウェアVer.4.00が公開されたよ

こちらが私が愛するコンデジ「RICOH GR」です。

撮影頻度は減りましたが、どこにいくにも携帯しておりますよ。

 
以下が今回のファームウェアリリースニュースです。
GRニュース | リコー公式ブログ GR BLOG | リコー

機能拡張内容 《バージョン4.00》

  • [撮影設定]の[エフェクト]に[シフトクロップ]が追加されます。
  • [セットアップ]に、[AFモード]が追加されます。[ノーマル][高速]から選択できます。
  • [セットアップ]に、[カード連続 No.]が追加されます。[ON][OFF]から選択できます。
  • [セットアップ]に、[再生アニメーション]が追加されます。[ON][OFF]から選択できます。
  • 再生モードで”RAW +”画像を削除する際、[1ファイル削除]は[RAW+JPEG削除][JPEGのみ削除][RAWのみ削除]になります。

変更内容 《バージョン4.00》

  • [絞りプレビュー]の操作性を改善しました。
  • MacとUSB接続時の安定性を向上しました。

 
簡単にアップデート方法をご紹介したいと思います。
といっても、詳しい内容はこちらに記載してありますのでご覧ください。

私の場合、バージョンを確認すると。「V3.00」です。
IMG 6429
 
▼SDカードにファームウェア「V 4.00」を入れて、RICOH GRにセットします。
IMG 6431
 
▼セット後、ファームウェアをチェックしてアップデート。
IMG 6432
 
▼バージョン4.00完了!
IMG 6433
 
では確認してみましょう。

 

  • [撮影設定]の[エフェクト]に[シフトクロップ]が追加されます。
  • IMG 6465
     この「シフトクロップ」なる機能は、縦位置画面の上側または下側を1:1で切り出す機能のことをいいます。
     カメラを水平に構えて撮影することでパースの少ない写真を撮ることができます。例えば、縦位置画面の上側に建築物が写っている場合、上側をクロップすることで、パースの少ない建築物の写真が得られる。
     どのように見えるかを撮影してみました。1:1の正方形になります。
    IMG 6466

     
     

  • [セットアップ]に、[AFモード]が追加されます。[ノーマル][高速]から選択できます。
  • IMG 6469
     AFモードでは「ノーマル」と「高速」から選択できるようになりました。
     取説にあるようにモニターの表示が止まってしまいますが、確かにピントがあうまでがかなり早くなりますね。
     スナップ撮影において構図が確認できないリスクはありますが、シャッターチャンスを優先すれば「高速」の方が良いのかもしれません。

      

  • [セットアップ]に、[カード連続 No.]が追加されます。[ON][OFF]から選択できます。
  • IMG 6468

     

  • [セットアップ]に、[再生アニメーション]が追加されます。[ON][OFF]から選択できます。
    IMG 6467

    今回のアップデートもかなりの拡張版です。
    RICOH GRにして早10ヶ月。
    高画質と手軽さを両方兼ね備えたスナップシューターは手放せません。
     
    明日はカメラ片手に出かけてくるかな。
    オススメです。

  • この記事が気に入ったら
    いいね ! してくださいね

    Twitter で

    コメントはこちら

    *
    *
    * (公開されません)

    COMMENT ON FACEBOOK

    スポンサードリンク

    Return Top